XeonE3-1200v3 搭載ワークステーション【UNI-XW-E3A】発売しました

 

第4世代コアアーキテクチャーHASWELLを採用したXeonE3-1200v3シリーズワークステーションモデルを発売しました。

ミドルタワー筐体に4コア/8スレッド新SIMD拡張命令セットIntel AVXを搭載したXeonE3-1200v3を搭載。SIMD演算を従来の倍の256bitに拡張。並列化では最大2倍のパフォーマンスを実現します。メモリーはECC対応、LANは intelチップのDualGigabitを標準装備。
ワークステーションとしてはもちろん、サーバーとしても利用可能な基本性能はしっかりと装備した堅牢モデルです。

詳細、カスタマイズはこちらから
UNI-XW-E3A

投稿日 : 2014-02-14 21:12:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

静音モデル

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013 univPCcom Allright reserved.