BOXX Technology社と提携し同社製品の取り扱いを開始しました

 

 
UNIVでは米国テキサス州オースティンに本社を置くBOXX Technology社と提携し同社製品の日本国内での取り扱いを開始しました。
BOXX Technology社のワークステーションは他に類を見ない独創性と、メジャーISVの認定を受ける高い信頼性で常に競合他社を圧倒しています。例えばオーバークロックドエクストリームワークステーション「APEXXシリーズ」は、現在、市場で最も高速なシングルソケットワークステーションです。徹底した検証と製品保証で、演算能力を必要とする高性能なアプリケーション(CAE,CAD、画像処理、映像処理)や、シミュレーションのようなHPCなどマルチスレッテッドタスク用途に最適な製品をご提案します。
  

最速4.5GHz オーバークロックモデル APEXX2

  
APEXX2は最速4.5GHzのスピードを誇るISV公認オーバークロックワークステーションです。
4コアのintel Corei7プロセッサを搭載し高クロック&マルチコアを実現したこのモデルは、CPUパワーを要求する高速計算やシミュレーションはもちろん、フルサイズのハイエンドGPUカードを2枚まで搭載しGPGPUワークステーションとしても利用可能です。
またISVの認定を受けていますので、AUTODESK 3DS MAX,AUTOCAD,INVENTOR,MAYA,REVIT,SOLIDWORKS,CATIAなど主要なCADや3Dモデリングアプリケーションに対しても驚異的なパフォーマンスと安定した動作環境を提供します。

 

静音&省スペースDualXeonモデル renderPRO 



DualXeon E5-2600v2シリ-ズを搭載し最大24コアを実現するこのモデルは他に類を見ない省スペース性と静音性を実現します。
通常のワークステーションと比較するとその体積比は実に1/4。設置環境を選びません。ハーフサイズながらPCI-Expressx16スロットも搭載していますので、infiniband(FDR/QDR)を搭載し高速なノード間通信を実現したミニクラスターや、Quadro620を搭載し可視化などのポスト処理にも対応したCAEサーバーとしてのご利用など、様々なシュチエーションで活躍できるモデルです。

  
 

投稿日 : 2014-09-18 18:00:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

静音モデル

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013 univPCcom Allright reserved.