InterBEE2014 / 2014年国際放送機器展 出展しました

 
2014年11月19日(水)から21日(金)まで、幕張メッセにて開催されている「InterBEE2014 / 2014年国際放送機器展」においてパートナー様のご協力いただき 4K 60p動画編集に最適なシステムを各ブースに出展しました。

出展内容

アドビ システムズ /インテル ブース (ホール6 ブース番号6304) 

展示内容
アドビ システムズ /インテル ブース内において最新のインテル® Xeon® プロセッサーを搭載したAPEXX4 7901を利用したAdobe Creative Cloudで実現する4K 60P映像制作に最適なシステムを展示・ご紹介いたします。
最新の インテル® Xeon® プロセッサーにより、エンコード、レンダリングなどの極めて付加の高いクリエイティブワークを快適に。かつ高速、スケーラブル、高性能な処理能力を実現します。



アスク ブース内 エーキューブ・BOXXコーナー (ホール4 ブース番号.4206)


展示内容
・最新のインテル® Core i7 プロセッサーを搭載したAPEXX4 7201AMD FirePro W8100を利用して4K 60P映像制作に最適なシステムを展示・ご紹介いたします。
・オーバークロックされた第3世代インテル® Core™ i7を搭載した3DBOXX 4920XTREMEAMD FirePro W5000 を搭載したシステムを展示ご紹介させていただきます。
・インテル® Xeon® プロセッサーを搭載したrenderPROでCGワークや、アニメーションのワークフローの中でも最もマシンパワーを必要とするレンダリングに特化したパーソナルレンダリングシステムを展示・ご紹介いたします。

AMD FirePro™ ワークステーション・グラフィックス・アクセラレータ−は、CADおよびDCC(Digital Content Creation)等、最新CGアプリケーションソフトウェアのほとんどに対して最適化されており、また完全な認証が得られています。
  

皆様のご来場お待ちしております。

投稿日 : 2014-11-07 17:43:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

静音モデル

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013 univPCcom Allright reserved.