SC'14 TOP500 受賞記念 XeonPhiワークステーションモデルの受注を開始しました



UNIVでは11月に米国ルイジアナ州ニューオーリンズで開催されたSuper Computing Conference14(SC14)のスパコンランキングTOP500において1位を獲得したTianhe-2搭載のintel社XeonPhi 3シリーズを採用した特別記念モデルの受注を開始しました。
本モデルには「XeonPhi 31S1P」というカスタマイズボードを搭載しています。XeonPhi31S1Pは57コア/8GB/1.100GHz 単精度2.006Tflops/倍精度1.003Tflopsというスペックで、従来のXeonPhi3シリーと比較しメモリが増量され消費電力を落とした設計になっています。
またNVIDIA社Teslaとのコンバイン搭載も可能ですのでアクセラレータ研究用途でのご利用にもお勧めです。

UNI-XW-E5G XeonPhi 特別価格モデル 
台数限定 税込み別\493,776~ 
完売御礼 ※こちらのモデルは限定数に達したため受注終了となりました。 
        次回の部材入荷時に再度ご案内させて頂きます。

 

投稿日 : 2014-12-05 10:00:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

静音モデル

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013 univPCcom Allright reserved.