「ディープラーニングフォーラム 2015」 を開催いたします

 
2015年4月14日にディープラーニングセミナーを開催したところ、定員120名に対して800名以上の応募があり、定員を増やしましたが多くの方のご参加をお断りすることとなってしまいました。今回はより多くのお客様にご参加頂ける様に「ディープラーニングフォーラム 2015」として開催致します。

ディープラーニングは著しい進化をとげています。永久に解けないと思われていた問題や、解けるのは当分先だと思われていた問題が、最近は毎日のように解決されています。そしてそれらの成果はGPUによって実現されています。このディープラーニングの最新の成果をご紹介するためにセミナーを開催することと致しました。

基調講演には東京大学で、ウェブと人工知能、ビジネスモデルの研究を行っている松尾先生にお願い致しました。続くエヌビディアのセッションでは、GPU を利用したディープラーニングの最新の成果をご紹介します。さらにディープラーニングにいち早く取り組む各企業から、GPUを利用したディープラーニングの最新の応用をご紹介を頂きます。

当日はGPUを利用したディープラーニングのトレーニングシステムである NVIDIA DIGITS のデモ展示も行います。
 

開催概要

  イベント名    ディープラーニングフォーラム 2015
  主    催  エヌビディア合同会社
  協    賛  G-DEP(日本GPUコンピューティングパートナーシップ)
  日    時  2015年 5月26日(火) 13:00 ~ 17:30
  申 込 み  無料(イベントサイトからの事前登録制)
  会    場  ベルサール秋葉原 2F HALL A
 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル MAP

 交通機関からのアクセス
  「秋葉原駅」電気街口徒歩4分(JR線)
  「秋葉原駅」A3出口徒歩5分(つくばエクスプレス)
  「秋葉原駅」2番出口徒歩7分(日比谷線)                              


タイムテーブル

(※スケジュールは予告なく変更する可能性があります。)

  時  間 LAP    タ イ ト ル
 13:00 - 13:10 10  ご挨拶
エヌビディア日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝
 13:10 - 14:30 80

「人工知能の未来-- ディープラーニングの先にあるもの--」
 東京大学大学院工学系研究科 松尾 豊 准教授

[概要]
本講演では、人工知能の最新動向、特にディープラーニングを取り巻く状況について述べる。人工知能 の歴史を紐解きながら、ディープラーニングのもつ意義を解説し、今後の研究の進展について概観する。 また、こういった人工知能の変化が、今後、どのように社会や産業を変えるのか、人工知能の未来につ いて解説する。

 14:30 - 15:00 30

「エヌビディアGPU が加速するディープ・ラーニング」
 エヌビディア合同会社 エンタープライズビジネス事業部長 杉本チャーリー

[概要]
 エヌビディアGPUのコンピューティングパワーによりディープラーニングの利用が加速され
ています。GTC 2015 での情報や何故GPUがデープラーニングで利用されるのか、
ディープラーニングを始める方へのサ ポートプラン等をご紹介します。

コーヒー ブレイク & 展示・デモ
 15:20 - 16:10 50  「ディープラーニング最近の進展とビジネス応用への課題」
 株式会社 Preferred Networks 大野健太様

[概要]
データマイニングコンペティションでの圧勝とこれまでの常識を覆す手法から、ディープラーニングは様々なメディアで取り上げられ注目を浴びている。今は基礎研究と共にビジネス応用に向けて様々な試行錯誤が行われている過渡期と言えよう。本講演ではまずディープラーニングの概要と最近の進展を紹介する。また、応用事例として弊社で現在取り組んでいる創薬への応用、特に分散ディープラーニングによる化合物活性予測を紹介する。後半では、ディープラーニングのビジネス応用で発生しうる課題について解説する
 16:10 - 17:00 50 「Deep Learningのモバイルイメージングへの応用」
 株式会社モルフォ シニアリサーチャー 大熊 顕至様

[概要]
 本講演では、モルフォが取り組むDeep Learning(以下、DL)ビジネスについての概要と、実用化に 向けての課題を説明致します。2012年以降、DLは様々なメディアで取り上げられ、素晴らしい技術デ モンストレーションで紹介されてきました。しかし、いざDLを製品化しようとすると様々な問題が出てきます。 これまでモルフォは画像認識関連のDLビジネス事例を通してそれらの課題に取り組み、いち早くDL製品 化に成功してきました。より多くのユーザに、より多くのデバイスで技術革新を提供するために、DLのモバ イルイメージングへの応用例を紹介致します。
 17:00 - 17:50 50 「実践ディープラーニング」
 株式会社クロスコンパス CTO 佐藤 聡様
 株式会社システム計画研究所 シニア研究員 奥村 義和様

[概要]
 様々な課題に対するディープラーニングの適用事例をご紹介します。仮想的なプロジェクトを例にデータ の収集からJetson TK1で判別器を動作させるまでの進め方やcuDNNによるリアルタイム画像認識のデ モ等実践的なディープラーニングを解説します。
 17:50 - 18:00 10 「閉会のご挨拶」
 エヌビディア合同会社 プラットフォームビジネス本部部長 林憲一
  

お申し込み

下記NVIDIAサイトよりお申し込み下さい。
https://reg-nvidia.jp/public/application/add/211

お陰様で満席となりましたため受付を終了致しました。
次回セミナーにご期待下さい。
  

投稿日 : 2015-05-08 13:00:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

静音モデル

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013 univPCcom Allright reserved.