NVIDIA® Quadro® M6000搭載モデルを発売しました


  
UNIVでは最新のハイエンドグラフィックスカードNVIDIA® Quadro® M6000搭載したモデルを発売開始しました。
NVIDIA® Quadro® M6000は、Quadroシリーズの最上位の製品で、最新のMaxwellアーキテクチャーを搭載したプロフェッショナルユーザー向けグラフィックスカードです。
3,072個のCUDAコア、12GBのGDDR5メモリを備えたこのカードは、iRayを利用した物理ベースレンダリングや、Autodesk社 REVIT、3ds Max、Mayaなどの高精細な表示やより詳細で複雑なシミュレーション、解析を行うことが可能な各種アプリケーション・ソフトウェアにも最適です。

NVIDIA® Quadro® M6000は、4系統の DisplayPort 1.2 コネクタから4Kモニタ4画面出力やデュアルDisplayPort接続による 5K3Kモニタ2画面出力などにも対応、加えてNVIDIA Mosaicテクノロジーにより、4つの画面を1つのラージデスクトップ画面として扱うことが可能です。
UNIVのQuadro® M6000搭載モデル「APEXX5」は、カード1枚あたり250Wの高消費電力環境に対応したハードウェア設計に加え、Quadro Syncボードと併用することにより多画面を非常に精度の高い同期の取れた1画面のラージデスクトップとして扱うことも可能です。


>>APEXX5

投稿日 : 2015-04-17 19:06:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

静音モデル

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013 univPCcom Allright reserved.