インテル® HPC+ FORUM ~クラウド&データ分析と次世代のHPC~ に出展します


 
近年、次世代の大規模ハイパフォーマンス・コンピューター(HPC)が次々と発表されています。それと同時に、IoTやビッグデータなどの新たなトレンドを背景に大量データの処理やマシーン・ラーニングなどの新しいワークロード向けのクラウド型HPCサービスも増加しています。これらの大規模なコンピューティング基盤の共通の課題は、柔軟性、可用性、コスト、そしてシミュレーションからデータ分析まで多種多様なワークロードに対応する真の汎用性をどう実現するかという点にあります。本イベントでは、最先端のHPCの市場や技術を通して次世代のコンピューティング・インフラについて考えます。
 
開催概要

名 称:インテル® HPC+ FORUM ~クラウド&データ分析と次世代のHPC~
日 時:2015年6月26日(金)
講 演:10:00~17:00 (受付開始 9:30) ショーケース:12:30~17:00
懇親会:17:00~19:00
会 場:ベルサール神田
            
東京都千代田区神田美土代町7住友不動産神田ビル  
参加費:セミナー参加無料 (要 事前登録)、懇親会参加の場合は参加費 1,000円
主 催:インテル株式会社
協 賛
  • 講演・ショーケース:Cloudera、クレイ・ジャパン、スーパーマイクロ、
       日本アイ・ビー・エム(SoftLayer)、日本HP、日本SGI
  • ショーケース:エクセルソフト、ドスパラ、トーワ電機、日本電気、日立製作所、富士通
※五十音順

トーワ電機はショーケース展示において静音ワークステーション UNI-XW-E5HS と 小型クラスターモデル renderPRO の実機展示を行います。
  

投稿日 : 2015-06-16 08:48:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

静音モデル

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013 univPCcom Allright reserved.