Xeon® Scalable Familyワークステーション2機種を発売しました。


大学研究機関や企業のR&D部門向けのワークステーションを手掛けるUNIV(トーワ電機株式会社 代表:飯野匡道)は
Skylake-SP版Xeon® を搭載したワークステーション2機種「UNI-XW-621S」「UNI-XW-621X」の発売を開始します。
 
Xeon® Scalable Family搭載の本製品は、Skylake-SP版Xeon®を2基搭載しており、最大で56コア112スレッドを実現し、
CPUあたり最大1.5TBの広帯域メモリバスを確保することで更なるパフォーマンスの向上を図っています。
スタンダードなUNI-XW-621Sは、オリジナルの特殊吸音材を側面に装備し、ヒートパイプを使用した高効率で低回転の
CPUファンと静音電源との相乗効果により、クラストップレベルの静音性を実現しています。
上位機種のUNI-XW-621Xは、HDDホットスワップベイ8基を標準装備したフルタワーケースとなり、横置きで4Uサイズの
ラックマウントでも利用可能としています。メモリは広帯域DDR4-2666MHzを採用し、最大で1TBまで増設可能です。
80PLUS Platinumの1200W電源は、環境負荷低減に加え、発熱を抑えることで静音性も実現した高効率設計となっています。
 
UNI-XW-621S、UNI-XW-621XともにCPUのグレード(Platinum、Gold、Silver/Bronze)によりプラチナ、ゴールド、
エントリーの3モデルが選択でき、エントリーモデル標準構成での価格(税別)は、
UNI-XW-621S が491,500円より
UNI-XW-621Xが526,500円より
本日9月1日(金)より受注を開始します。
 
カスタマイズ・ご注文はこちらから

 

投稿日 : 2017-09-01 09:40:00

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

静音モデル

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013 univPCcom Allright reserved.