APEXX4 7402/B

APEXX4 7402は8つのコアと最速4.125GHzのスピードを誇るオーバークロックプロフェッショナルワークステーションです。intel Corei7プロセッサを搭載し、高クロック&マルチコアを実現したこのモデルはCAD/CAE利用に最適で、CPUパワーを要求される演算計算やシ3Dミュレーションはもちろん、2スロット占有フルレンジ・サイズのハイエンドGPUカードを4枚搭載することで高性能なGPUワークステーションとしても利用可能です。
また、BOXXはこれまで多くのソフトウェアメーカーの認定を受けており、Autodesk  3ds Max , Inventor , Maya , REVIT はじめ Solidworks , CATiAなど、主な3D CADや3Dモデリングアプリケーションに対して驚異的なパフォーマンスと安定した動作環境を提供します。
  • Linux対応
  • 8 Core
  • HTテクノロジ
  • TurboBoost
  • USB3.0
  • SerialATA III
  • PCI-Express x16
  • Dual GbE
  • 2133MHz
  • QuadChannel
  • 水冷
  • ヒートパイプ
  • 80+ GOLD
  • 静音電源
モデル
特徴
お問い合わせ

高速4.125GHzでアプリケーション速度を150%向上

BOXX独自の技術により最新のインテル第4世代Core i7プロセッサーを4.125GHzにオーバークロック。

他社に無い高クロック環境での利用を実現します。特にダッソーシステムズ  SolidWorksやAutodesk Revit、3D Studio max、Maya等、CAEやデザイン、画像処理に欠かせない主要アプリケーション利用時においてオーバークロック性能の効果により他に類を見ない最高のパフォーマンスを実現。作業者の業務効率を高める人気モデルです。

前モデル3DBOXX 4920XTと比較し、SolidWorks Rendringでのベンチマーク検証において150%以上の性能が向上されており、その他のアプリケーションにおいても前モデルを大きく上回る性能となっています。
 

 

高速4.125GHzでアプリケーション速度を150%向上
独自ノウハウのオーバークロックテクノロジーで 37%性能を向上

独自ノウハウのオーバークロックテクノロジーで 37%性能を向上

一般的なTurboBoost機能とオーバークロックは根本的な仕組みと得られるパフォーマンスが違います。
​例えばTurboBoost機能は各コアの負荷によって、1つだけのコアが最大4.4GHzまでクロックアップ(Corei7 4790Kの場合) しますが、APEXX4 7402は全てのコアが常時4.125GHzの高クロックで動作します。これにより対応したアプリケーション使用により最高性能を引き出すことを可能にさせます。
また、他社のインテル第4世代Corei 7プロセッサー CPU(Core i7 5960X)を搭載した製品と比較した場合、APEXX4 7402は 約37.5%の性能向上が確認されています。

 

静音性と安定性を両立するMTBF50000時間の水冷ユニット

APEXX4に搭載されている水冷冷却ユニットは高クロックなCPUを確実に冷却させるために高い熱伝導効率を誇る銅を採用。CPUから発生した熱を効果的にクーラント液へ伝え優れた冷却性と静音性を発揮します。MTBF50000時間のミッションクリティカルレベルの本ユニットは劣化に強く水漏れや揮発の心配がない耐久性を考慮した構造になっています。
また水冷ユニットが実現するメリットのひとつとして、静音性能の向上が上げられますが、APEXX4はISO7779準拠オペレータポジションにおいてCPUフル負荷時でも30dB(アイドリング時:27dB以下)という静粛性を実現。デスクサイドでの利用においても快適でパワフルな環境構築が可能です。
静音性と安定性を両立するMTBF50000時間の水冷ユニット
計算しつくされたエアフロー

計算しつくされたエアフロー

ハイエンドビデオカードのマルチ搭載を前提にハードな使用環境を要求されるBOXXのワークステーションはケース内の高い放熱性が要求されます。静音性と 高耐久性を兼ね備える特注の山洋電気製高品質ファンがフロントグリル吸気からトップ&リア排気の流れに沿って効率よく外気を取り込み、CPUラジエーター やチップセット、ビデオカードを確実に冷却するエアーフロー設計です。
 

ヘビーなISVアプリケーションも快適&安定動作

BOXX Technilogy社はAPEXXやRenderProに代表される独自の技術力と、創業時から一環して高品質で安定した製品を送り出す企業姿勢「Quality more than Quantity」が評価され、数々のISVの認定製品となっています。APEXX4のCPUは高速にオーバークロックしつつ、徹底した動作検証を重ねDASSAULT SYSTEM社のSolidWorksやAutodesk社のRevit、3D Studio Max、Maya等、CAEやデザイン、画像処理に欠かせないメジャーアプリケーションの動作確認を得ており、安心してお使い頂けるハイクォリティモデルです。
 
 

 

ヘビーなISVアプリケーションも快適&安定動作

デスクトップ

ワークステーション

サーバー

静音モデル

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。

Copyright (c) 2013 univPCcom Allright reserved.